頭皮の赤みや湿疹を自力で完治。薄毛の改善法を公開してます。

僕の頭皮改善マニュアル

AGAクリニック HARG療法 SKE48松村香織 グロースファクター療法 成長因子 発毛には成長因子

HARG療法とグロースファクター療法って何が違うの??

更新日:

main

HARG療法は聞いたことはあるけど、グロースファクター療法は聞いたことがない。
そんな人はきっと多いはず。

僕は聞いたことはありますが、実際HARGと何が違うのか知らなかったので、少し調べてみました。

スポンサーリンク

 

HARG療法とは…??

▼こちらの記事にも書いてあるように、あのSKE48の松村香織さんも行っている有名な薄毛治療法です。

→ [女性薄毛]これで敵なし!パントガール+ロゲインで薄毛対策をさらに強化!

SKE48松村香織さんも行ったHRAG療法。秘密は成長因子の注入。

『カクテル』と呼ばれる、患者一人一人に合った『薬剤』を、頭皮に注射することで発毛が期待できるという画期的な療法のこと。その発毛率は脅威の90%以上と、かなり高確率なので男女問わず人気のようです。

しかし、その効果と比例するように治療費はかなり高額・・・。
庶民には到底手がでないような価格で、1クール(6回~8回)あたり120万ほど・・・。
さらに、1クール終わった後もメンテナンスということで月に1回は行かなければならない様子。

どうやら人気なのは『一部のお金持ち方々』のみのようですね。

 

グロースファクター療法とは…??

HARG療法にとても似ていて、同じように薬液を頭皮に注射する施術法。
注射の他に、男性ならプロペシア・ミノキシジルの処方、女性であればパントガール・パントスチン・ミノキシジルの処方を行うようです。

価格は、頑張れば届きそうな1クール(8回)約35万円程。
まあそれでも高いですけど・・・。
 

HARG療法とグロースファクターの主な違い

02
その違いとは治療内容と価格面です。

治療内容の違い

HARG療法はメソカクテルと呼ばれるミノキシジル・ビタミンB・コエンザイムなどを含む薬剤と、AAPEと呼ばれる特殊な薬剤の2種類を頭皮に注射します。

AAPEとは健康な成人女性から採取した脂肪幹細胞を培養した細胞から分泌された、成長因子の事です。発毛促進因子と呼ばれている、あの必須成長因子FGF-7やVEGFなど、その他150種類以上の成長因子が含まれています。

つまり、HARG療法はミノキシジル配合のメソカクテルと成長因子を混ぜた、いわば『最強の薬剤』を頭皮に注射します。

一方、グロースファクター療法にはメソカクテルというものがありません。
さらに、成長因子もHRAG療法が150種類もあるのに対し、5~6種類のみ。

グロースファクター療法で注射するのは成長因子のみになるので、HARG療法で混ぜていた『ミノキシジル』は別で外用として使用する方針のようです。(別途料金が必要とのこと)

価格面の違い

HARG療法が1クール(8回)約120万円に対し、グロースファクター療法は約35万円。
グロースファクター療法の価格が安いのは、配合している成長因子の種類と、外用で使用される『ミノキシジル』『プロペシア』『アボルブ(デュタスの正規)』『パントガール』『パントスチン』などは別料金だからではないかと思われます。
これらの投薬分を全て合わせると約40,000円。
グロースファクター療法には毎月この金額が加算されていきます。
毎月足したとしてもグロースファクター療法の方が安いに越したことはありません。

 

まとめ

HARG療法

費用(1クール計8回):約120万円
注入する成長因子の種類:150種類以上
1クール後にかかる費用:年間100~190万(1回15万円~18万円)
※診察によっては別途投薬代がかかる

グロースファクター療法

費用(1/2クール計8回):約35万円
注入する成長因子の種類:5種類
別途投薬代:およそ3~4万円(毎月)
1クール後にかかる費用:投薬代+1回5.5万円を年5~6回
 

結局どっちがいいのか??

03
どっちがいいかは分かりません。

ただ・・・僕は、どちらもやりません。

なぜなら、HARG療法はFDA(アメリカの医薬品を承認する機関)では承認されていない手法で、基本的にミノキシジルやプロペシアなどで発毛しているのではないかという噂もあります。

SKE48の松村香織さんは生えてます。確かに生えてます。証拠写真がどっかにあったはず。

でも、まだ承認されるまでは止めておくべきでしょう。医薬品を使ってもどうしよもなくなった場合に話だけでも聞いてみてもいいかもしれません。

▼ご参考程度にどうぞ。

 

HARG療法を行っているクリニック

HARG治療センター

harg

おそらく一番人気のところ。サイト内でもかなり熱を入れて説明していて、分かりやすい。
HARG療法とグロースファクター療法の違いもここで分かりました。モニターになればココが一番安く済みます。

費用:

6回 / 90万円 ※モニターなら 70万円
8回 / 120万円 ※モニターなら 90万円
10回 / 150万円 

 

横浜中央クリニック

yokohama-chu-o

ここは頭皮の3分の1・3分の2の場合なら、キャンペーン価格が適用されます。30,000円~50,000円割引になるみたいですが、安いのかは不明・・・。
クリニックは横浜にあります。

費用:

頭部の1/3の範囲に注射の場合 / 1回 / 120,000円
 → キャンペーン価格:84,000円
頭部の2/3の範囲に注射の場合 / 1回 / 157,500円
 → キャンペーン価格:105,000円
頭部全体に注射の場合 / 1回 / 記載無し

四谷ローズクリニック

yotuya

ここはプロペシアが最安で購入できるクリニックです。麻酔代も一番安いみたいですね。

HARGの費用は同じです。馴染みやすそうな院長ですね。

費用:

頭部の1/2の範囲に注射の場合 / 1回 / 84,000円 
頭部全体に注射の場合 / 1回 / 157,500円 

 

栄セントラルクリニック

nagoya

まさかの24時まで対応しているクリニック。これなら平日に行けるので嬉しいですね。
ただし、ここは名古屋なので遠方の方はちょっときついかもしれないです。

費用:

頭部の1/3の範囲に注射の場合 / 1回 / 80,000円 
頭部の2/3の範囲に注射の場合 / 1回 / 100,000円 
頭部全体に注射の場合 / 1回 / 150,000円 

 

グロースファクター療法を行っているクリニック

聖心毛髪再生外来

seishin

唯一グロースファクター療法を行っているクリニック。
HARG療法は行っていません。

費用:

1回 / 55,000円 
8回 / 352,000円 
16回 / 616,000円 

※価格は2015年2月の時点です。

やるやらないにしろ、慎重に。

車一台買えちゃう価格です。

HARG療法とかの前に、FDAも承認している「植毛」も考えてみてはいかがでしょう?

ただ植毛は、全スカの人は不可ですので。その辺は医師に確認をとってみるべきしょう。

下のヨコ美クリニックさんは、私がお世話になっているところです。かなり患者目線でお話していただけるいい先生です。医薬品による治療方法の相談も行っているので、一度プロの話を聞いて見るといいかもしれません。

→ 自毛植毛専門専門医の無料相談受付中

-AGAクリニック, HARG療法, SKE48松村香織, グロースファクター療法, 成長因子, 発毛には成長因子

Copyright© 僕の頭皮改善マニュアル , 2018 AllRights Reserved.